30日ガーナ戦代表13時発表…ロシアW杯最終メンバー23人入りに向けた選考試合

2018年5月18日10時38分  スポーツ報知
  • 日本代表の西野監督

 日本サッカー協会は18日13時から、30日の親善試合ガーナ戦(日産ス)の代表メンバー30人弱を発表する。31日に発表されるロシアW杯(6月14日開幕)最終メンバー23人入りに向けた選考試合となり、日本代表の西野朗監督(63)が14日に提出した予備登録メンバー35人の中から選出される。

 MF長谷部誠(フランクフルト)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、GK川島永嗣(メツ)、FW大迫勇也(ブレーメン)ら主力メンバーの選出は確実。シーズンが早く終了し実戦から遠ざかっているFW本田圭佑(パチューカ)、左足首を痛めている岡崎慎司(レスター)、左足首負傷から復帰したばかりのMF香川真司(ドルトムント)の“ビッグ3”の招集に注目が集まる。

 ガーナ戦の招集から漏れた場合は、ロシアW杯メンバー入りは厳しくなる。西野監督はガーナ戦翌日の午前に“最終選考”となる練習試合を行いたい考えで、午後に最終登録メンバー23人の発表する予定だ。

サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)