【高校サッカー】久我山、初Vで超豪華「帝国ホテル」祝勝会

2016年1月7日6時0分  スポーツ報知

 全国高校サッカー選手権で学校初の4強入りを決めた国学院久我山(東京A)が、優勝した場合の祝勝会を東京・千代田区の帝国ホテルで行うことが6日、分かった。9日の準決勝では埼玉スタジアムで青森山田と対戦。高級ホテルをぶらさげた破格のニンジン作戦で初Vをたぐり寄せる。

 同ホテルは歌手の郷ひろみが13年に結婚披露宴を開くなど、著名人御用達として知られる。この日、報道陣に対応した時崎一男顧問(53)は「他のチームがやったことがない所でやりたい。お世話になった方に来てもらえたら」と明かした。

 ホテルのHPによると、「パーティープラン」で着席ブフェスタイルなら1人1万6000円。立食でも1万円以上必要な上、同顧問は「牛を1頭買って、(選手に)食べさせてあげたいな」とも。多額の費用が必要になる恐れもあるが、すでにゴスペラーズ・村上てつやから寄付金の申し出があるなど、優勝すれば各界の同校OBからの心強い“ご祝儀”も期待できる。

 この日、選手は約2時間、軽めに調整。MF宮原直央主将(3年)は「(祝勝会は)大会前から言われていた。いいモチベーションを持って臨めます」とニヤリ。久我山イレブンが超豪華な“お年玉”ゲットに挑む。(武藤 瑞基)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ