【甲府】クリスティアーノ、2年ぶりに復帰!得点力に期待

2016年1月9日6時0分  スポーツ報知

 J1ヴァンフォーレ甲府に、J1柏へ期限付き移籍していたブラジル人FWクリスティアーノ(28)が復帰することが8日、分かった。昨季J1で14得点し、天皇杯準々決勝のJ1仙台戦では直接FKだけでハットトリックしたアタッカーは、国内外の複数クラブが興味を示したが、獲得に至らず。保有権を持つ甲府に得点源の確保の必要性が出たため復帰が決まった。

 複数の関係者によると、クリスティアーノには、J1、J2だけでなく、中国や韓国のクラブが獲得の可能性を探っていた。しかし、移籍金と年俸を含めると、2億円(金額は推定)以上必要になるため、水面下での交渉が本格化することはなかった。柏も昨年10月の段階で、クリスティアーノを完全移籍で獲得するオプションを行使しないことを決めていた。

 甲府は今季の新外国人として、DFジウトン(26)、FWニウソン(24)の加入が決まった。また、14年に柏でプレーし、J1で14試合5得点したFWドゥドゥ(25)と交渉していたが、このほど打ち切った。Jリーグでの実績を考慮し、クリスティアーノを2年ぶりに復帰させることにしたという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)