【G大阪】パトリック、17年に帰化&日本代表入り目指す!?

2016年1月9日6時0分  スポーツ報知

 18年ロシアW杯を目指す日本代表に、待望の大型FWが加わる可能性が浮上した。ブラジルで休暇中のG大阪FWパトリック(28)が7日、同国メディアに対し、17年中に帰化申請し、日本代表入りを目指す希望を明かした。

 13年に初来日。日本でのプレーを続ければ、ロシアW杯を前に「5年以上の日本在住」という帰化条件の一つを満たす。G大阪関係者によると「日本代表に入りたい」と話したこともあるようだ。

 川崎、甲府から14年夏にレンタル移籍したG大阪で才能が開花。189センチ、82キロの体格で空中戦やドリブル突破を武器に、2年間で公式戦35得点。昨季も天皇杯決勝・浦和戦で2得点し、連覇に貢献した。

 昨季はツイッターで人種差別の投稿を受けて傷ついたが、常々「日本が大好き」と公言。今季もレンタル期間を延長して残留が決まった。日本代表のハリルホジッチ監督は「(FWの)真ん中にパワーが足りない。センタリングを有効にできる選手が欲しい」とパトリックを評価。日本語など課題は多いが、帰化すればロシアW杯の切り札になる?

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)