【金沢】初オフに霧島酒造訪問 DF太田「気分転換になりました」

2016年1月29日16時55分  スポーツ報知

 J2ツエーゲン金沢は29日、宮崎・都城キャンプ6日目を迎えた。雨の中、午前は室内で筋トレを行い、午後は予定を変更して今キャンプ初のオフとなった。森下仁之監督(48)と一部選手たちは、都城市内に本社と工場を置く霧島酒造の工場で、焼酎の製造工程を見学。「サッカーだけではなくていろんなことに触れるのが大事」と指揮官。主将のDF作田裕次(28)も「他の県のことを知ることはいいこと」と話した。

 20歳のMF安東輝も参加。「自分ではなかなか来ようとは思わないので。経験値を上げに来ました」と積極的だった。西都市、宮崎市内なども含め、約1か月と長期間に及ぶキャンプ。「気分転換になりました」とDF太田康介(33)も笑顔を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)