【G大阪】健太監督「明日ダメなら使わない」金髪・井手口に“最後通告”

2016年2月6日19時47分  スポーツ報知

 G大阪のU―23日本代表MF井手口陽介(19)が6日、リオ五輪アジア最終予選後に染めた金髪のせいで長谷川健太監督(50)から“最後通告”を受けた。

 宮崎キャンプの戦術練習で、ボランチのレギュラー組に抜てきされた井手口。元日本代表MF遠藤保仁(36)と17歳差のコンビを組み、7日に行われる甲府との練習試合でのスタメン出場が確定したが、指揮官は「金髪にしてちゃらちゃらしているし、明日ダメなら使わない」と言い放った。

 この試合では本来ボランチの元日本代表MF今野泰幸(33)を故障者が続出しているセンターバックでテストするため、若きタレントに出番が回ってきた。指揮官の言葉を伝え聞いた井手口は、苦笑いも浮かべながら「全力で結果を残したい」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)