【神戸】伊野波を4年ぶりに再獲得、近日中にも合意へ

2016年2月7日6時0分  スポーツ報知

 神戸が、2012年に在籍していた元日本代表DF伊野波雅彦(30)を、4年ぶりに再獲得することが6日、決定的になった。チームがJ2降格したのに伴い、わずか1年だけ在籍して13年に磐田へ移籍した伊野波。しかし今オフ、契約満了により退団となり移籍先を探していたところ、実力のあるセンターバック(CB)を探していた古巣が異例の“出戻りオファー”を送った。近日中にも合意する見込みだ。

 神戸は昨季、柏で11年にJ1優勝経験のあるネルシーニョ監督(65)を招へいしたが、J1ではリーグワースト6位タイとなる49失点を喫し、12位に終わった。さらに今オフにはDF増川が札幌、DFブエノが鹿島へ移籍してCBの数が不足となり、U―23日本代表DF岩波らとポジションを争える選手を探していた。

 今オフは司令塔のMF森岡がポーランド1部のブロツワフに移籍するなど主力の流出もあった神戸。14年ブラジルW杯の日本代表でもある伊野波は、守備的なポジションならCB、サイドバック、ボランチもこなす万能型選手。悲願の初タイトルへ、守備陣に安定感を与えるプレーが求められる。

 ◆伊野波 雅彦(いのは・まさひこ)1985年8月28日、宮崎市生まれ。30歳。鹿児島実から阪南大を経て、大学3年時の2006年にF東京入り。08年に鹿島に移籍。11年にクロアチアのハイデュク・スプリト、12年に神戸に移籍。13年から3年間、磐田でプレーした。179センチ、75キロ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)