【柏】中村、クラブもU23も“W守護神”へ「Jで結果を」

2016年2月10日6時0分  スポーツ報知

 柏のGK中村航輔(20)が9日、リオ五輪に出場するU―23日本代表とクラブの“Wレギュラー”取りに意欲を示した。柏市内で約2時間の練習を行い、184センチの長身を生かして好セーブを連発。27日の浦和戦(柏)で自身初の開幕スタメン入りに向けて猛アピールを続けている。

 U―23日本代表では昨年末の石垣島合宿中に左第5中足骨などの炎症で離脱。「みんな頑張っていたけど悔しかった」。だが、同代表正GKの櫛引は鹿島でのレギュラー奪取は未知数。2年ぶりに復帰した柏で定位置を確保すれば、自然と代表返り咲きが見えてくる。

 昨季は期限付き移籍した福岡で20試合に出場。J1昇格を果たしたチームに一度は残留を決めたが、今季から就任したメンデス監督が直接説得して翻意させた。柏は2008年から8年間ゴールマウスを守り続けた菅野が今季から京都に移籍。“聖域”を受け継ぐ人材として、どうしても必要だった。5日の浦和との練習試合では1番手で起用されるなど、首脳陣の評価は上昇中。「まずはJで結果を残すこと。全てにレベルアップしたい」と気合十分だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)