【横浜M】中沢、17年連続先発開幕で「開幕弾狙いたい」

2016年2月26日6時0分  スポーツ報知

 横浜Mの元日本代表DF中沢佑二が25日、38歳の誕生日を迎え、自身初の「開幕弾」を宣言した。27日の仙台戦(日産ス)でV川崎時代も含めて17年連続の開幕戦先発が確実。報道陣から贈られたケーキのろうそくを吹き消すと、穏やかな口調で語り始めた。「バースデーゴール、開幕弾を狙ってみたい。残りのサッカー人生は短い。記録より記憶に残るようなことをしたい」。J1リーグ通算503試合、31得点も開幕戦でのゴールはなし。2年連続フルタイム出場中の鉄人はこの日のセットプレー練習でも打点の高いヘディングを披露した。

 今後のサッカー人生について「40歳をひと区切りに考えている。その先は体と心と相談して」という。「それまでにタイトルを取りたい。あと2年しかない」と2004年以来のリーグ制覇に向けて全身全霊を尽くす構えだ。(武藤 瑞基)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)