【神戸】黒星開幕にネルシーニョ監督激怒 三木谷オーナー観戦も

2016年2月28日0時50分  スポーツ報知

 ◆明治安田生命Jリーグ J1第1ステージ第1節 神戸0―2甲府(27日・ノエビアスタジアム)

 開幕戦での覇気のない敗戦に、就任2年目の神戸・ネルシーニョ監督(65)が激怒した。守備を固めてカウンターを狙う甲府の術中にはまり、昨季J1残留争いを演じた甲府に0―2と完敗。試合後の会見、指揮官は「(敗戦後に)落ち込んでいる選手たちを、ねぎらうことも考えたが、厳しい言葉をかけました。ファイトする姿勢が見られないことは、あってはならないこと」と球際で競り負けるプレーが多かった選手たちへの怒りに声を震わせた。

 前半42分の1失点目に絡んだU―23日本代表DF岩波は「ボールを持てる余裕があったことで、いつか点が入るだろうという戦い方をしてしまった」と“緩み”の原因を分析して反省。試合前にはキックイン・イベントを行ったACミランMF本田のものまねタレント・じゅんいちダビットソンから「伸びしろ、けっこうありますね」と期待された神戸だが、いきなりどん底からのスタートとなった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)