【仙台】渡辺監督、選手会長・蜂須賀が献花 追悼式に出席

2016年3月12日6時0分  スポーツ報知

 渡辺監督と選手会長のDF蜂須賀孝治(25)は11日、仙台市内で行われた追悼式に出席した。

 この日の練習前には、選手、スタッフが輪になって東日本大震災の犠牲者に黙とうを捧げた。セットプレーの確認など約1時間の最終調整を終えクラブを代表し2人が式に参加し献花。午後2時46分には、参列者全員と共に黙とうした。

 指揮官は「5年前の今日も、次の日に試合を控えた金曜日でした。まだ不自由な生活をされている方々がいる。当たり前のことを当たり前と思わず、強い感謝を持ってプレーしないといけない」と鹿島戦の必勝を誓っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)