【山形】石崎監督、手作り餃子で熊本復興支援…地震で熊本戦中止のため

2016年4月30日6時0分  スポーツ報知

 J2モンテディオ山形は29日、山形・天童市内で「平成28年熊本地震」への復興チャリティーイベントを行った。本来ならホーム熊本戦が予定されていたが、地震発生により試合は中止となっていた。

 イベントでは選手たちがスパイクなどを提供してのオークションが開かれ、石崎信弘監督(58)は募金者へ手作りギョーザを振る舞った。募金総額79万3446円とオークションの売り上げ全額、飲食販売収益の一部が被災地へ寄付される。選手会長のDF山田拓巳(26)は「苦しい思いをされている方がたくさんいる。できることは限られているが、継続して支援をしていきたい」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)