【札幌】都倉残留決定、J通算250試合出場と合わせ自らダブルお祝い弾だ

2016年10月22日8時0分  スポーツ報知
  • 身ぶりをまじえてアピールするFW都倉(左)

 J2北海道コンサドーレ札幌FW都倉賢(30)が、節目の一戦で6試合ぶりゴールを挙げ、残留決定を自ら祝う。札幌は22日、札幌ドームで東京Vと対戦する。先発する都倉は、札幌からのオファーを受諾し、来年もプレーすることが21日までに決まった。Jリーグ通算250試合出場となる東京V戦で、ホーム不敗をJ2新記録の24戦に伸ばす一発を決め、赤黒のユニホームで迎えるJ1舞台へ、更に歩みを加速させる。

 3年連続2桁を挙げる得点源が、来季も札幌のユニホームを着る。都倉の来季残留が21日、決まった。正式契約こそ、これからだが、この日までにクラブと合意に至り「3年間チームの中心でやってきて、今年は上に行けるチャンス。こういう機会はなかなかない。まずは目標を達成して、J1でプレーすることを目指してきた同じ仲間と戦いたい」と間近に迫る5年ぶり昇格へ、思いを巡らせた。

 2014年の開幕後に加入した都倉は、同年に14得点、昨年は13得点をマーク。今季も既にリーグ2位の17得点を挙げ、初の得点王も視界に入っている。その能力に加え、練習から一切妥協することなく取り組む姿勢もクラブは評価し、8月から交渉を進めてきた。三上大勝GM(45)は「来年もうちでやるという結論に無事、達した」と残留を喜んだ。

 迎える今日の戦いは、都倉にとって節目となる。05年のJ1川崎Fでのデビューから、重ねてきたリーグ戦出場(J1&J2)は249。節目の一戦へ、都倉は「その数字に恥じないプレーをしたい」と決意を口にした。5試合ゴールからは遠ざかるが「自信と一体感を持ってやれば、結果はついてくる」と、嫌な流れは断ち切ってみせる。

 東京V戦で勝ち点を奪えば、J2新の24試合連続ホーム不敗となる。札幌ドームでクラブ最多の24点を挙げる都倉は「サポーターがいい雰囲気を作ってくれるので。その力を借りながら、躍動感あるプレーをしたい」と後押しにも期待した。得点して勝てば、お立ち台が待っている。来季残留という最高の報を直接、ファンに届けるためにも、勝利は譲れない。(砂田 秀人)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)