【仙台】CB先発定着・平岡&チームMVP・三田が完全移籍!

2016年11月26日6時0分  スポーツ報知
  • 平岡(右)と三田

 来季J1に復帰する清水から期限付き移籍中のJ1ベガルタ仙台DF平岡康裕(30)が、来季仙台に完全移籍することが確実となった。25日の練習後、仙台市内のクラブハウスで取材に応じ、「清水からは(来季への)提示がなかった。他からもオファーはない」と語り、仙台との交渉はこれからになるとした上で、来季もベガルタに残留するかを聞かれると「そうですね」と意思を示した。

 今季から加入した平岡は、昨季限りで柏へ移籍したDF鎌田次郎(31)の穴を埋め、センターバックでレギュラーに定着。リーグ戦28試合に出場し、7月2日の川崎戦(0●3)ではJ1通算200試合出場も達成した。在籍1年目で副主将に抜てきされるなど、首脳陣の信頼も厚い。

 また、F東京から期限付き移籍中のMF三田啓貴(26)が来季完全移籍で加入することも発表された。今季ボランチとしてリーグ戦31試合に出場し、仙台のシーズンMVPにも選出された。三田はクラブを通じ、「来シーズンもベガルタ仙台でプレーできることになり、嬉しく思います。仙台のため、タイトル獲得のために全力を尽くします。共に戦いましょう!よろしくお願いします」とコメントを寄せた。

 来季再びトップ5を狙う仙台にとって、確実に計算できる2人の残留は、大きなプラス材料となりそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ