【山形】ブラジル人トリオ、今季限りで退団…来季契約更新せず

2016年11月28日5時0分  スポーツ報知
  • 山形のブラジル人3選手(左から)MFディエゴ、アルセウ、FWディエゴ・ローザ

 J2モンテディオ山形が、MFディエゴ(32)、MFアルセウ(32)、FWディエゴ・ローザ(27)のブラジル人3選手との来季契約を更新せず、今季限りで退団となることが27日、複数の関係者の話で分かった。

 ディエゴは2006年に、山形を今季限りで退任する石崎信弘監督(58)率いるJ2柏でJデビュー。21得点でJ1昇格に導いた。14年に石崎監督が就任した山形に加入。14ゴールの活躍で、再びJ1昇格に貢献した。昨季はJ1で10得点、J2に降格した今季もチーム2位の8得点を挙げたが、石崎監督とともに3年でチームを離れることになった。

 アルセウは昨季から加入。不動のボランチとして2年間、攻守に活躍した。元日本代表FW大黒将志(36)が「日本人にはない内転筋の強さがあり、ボールが足元に入っていても蹴れる」と絶賛するなど、屈強なフィジカルを誇っていた。

 今季から新加入したディエゴ・ローザは、ブラジル、日本、韓国の約30クラブからのオファーを断って山形へ。スピードを生かした攻撃で、昨季J1ワースト24得点と苦しんだチームの救世主として期待されたが、リーグ戦17試合で1得点と結果を残せなかった。

 ブラジル人トリオが山形を去り、来季は新監督の下でJ1昇格を目指す。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)