【千葉】公式サイトにケンペス追悼メッセージ 練習場には半旗掲げる 

2016年11月30日19時29分  スポーツ報知
  • ケンペスが所属したJ2千葉の練習場では半旗を掲げ、追悼の意を表した

 コロンビアで航空機墜落事故に巻き込まれたブラジル1部シャペコエンセのFWケンペスが13~14年に所属していたJ2千葉は30日、クラブの公式サイトで追悼の意を表した。

 クラブはブラジル最大の放送局「ヘジ・グローボ」の報道や、シャペコエンセの公式SNSなどで情報を収集。前田英之社長が「ケンペス選手が搭乗され、残念ながらご逝去されたとの知らせを受けることとなりました。この事実を受け入れざるを得ない状況に大変心苦しく思います。在籍1年目にはJ2リーグ得点王にも輝くなど大変輝かしい功績を残されました。彼の活躍を改めて称え、ご冥福をお祈りいたします」とコメントを発表した。

 また、公式サイトには「あなたをずっと忘れない」というメッセージとともに、背番号9のユニホーム姿の在籍当時の写真を掲載。練習場には半旗が掲げられ、練習前に1分間の黙とうをささげた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)