【甲府】元日本代表MF山田直輝獲りへ

2016年12月4日5時20分  スポーツ報知

 J1ヴァンフォーレ甲府が、浦和から湘南に期限付き移籍している元日本代表MF山田直輝(26)の獲得に乗り出していることが3日、分かった。関係者によると、既にオファーを出しており、期限付き移籍の延長を求めている湘南と争奪戦になる。

 山田は技術力が高く、運動量も豊富なアタッカー。168センチと高さはないが、当たりにも強い。浦和時代の2009年、岡田武史・元日本代表監督(60)がA代表に招集するなど将来を嘱望されていたが、度重なる負傷に泣かされ、日本代表からは遠ざかった。

 甲府は来季から吉田達磨新監督(42)が指揮を執る。主導権を握った攻撃的なサッカーを指向しており、今季の守備的サッカーから緩やかに方向転換していく見込み。その吉田サッカーのキーマンとして、攻撃のアイデアも豊富な山田に白羽の矢が立った。また、11月3日の最終節・名古屋戦で2得点し、湘南の勝利に貢献した。甲府にとってはJ1残留の“恩人”でもある。

 山田は15年から湘南に期限付き移籍しており、今季限りで浦和との契約が満了する。複数の関係者によると、浦和は契約更新の意向を持っているが、来季も引き続き、他クラブに期限付き移籍させてもいいという。J2に降格する湘南は来季も戦力と考えており、期限付き移籍期間の延長を含め、浦和と交渉していくようだ。

 ◆山田 直輝(やまだ・なおき)1990年7月4日、広島市生まれ。26歳。北浦和少年団から浦和ジュニアユース、浦和ユースを経て、2008年4月にリーグ戦デビュー。J1通算78試合5得点09年5月27日、キリン杯のチリ戦で日本代表デビュー。国際Aマッチ2試合無得点。168センチ、66キロ。血液型O。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ