【札幌】DF櫛引が来季からJ2名古屋に期限付き移籍

2016年12月4日6時20分  スポーツ報知
  • 名古屋への期限付き移籍が決まったDF櫛引一紀(左

 北海道コンサドーレ札幌DF櫛引一紀(23)が来季からJ2の名古屋に期限付き移籍することが3日、決まった。名古屋からは完全移籍でのオファーを受けていたが、必要戦力として計算していた札幌は完全移籍を拒否。1年間の期限付きという形で交渉がまとまった。近日中に両クラブから正式発表される。

 悩んだ末の選択だった。今季最終戦の金沢戦直後に名古屋から正式オファーが届いた。札幌との契約は来季も残り、J1で戦うことも出来るが、今季は出場17試合中先発は8試合と、定位置確保に至らず。櫛引は「もっと試合に出たい。そのためには新しいチームに行って現状を変え、もう一度、勝負してみたい」と移籍の理由を明かした。

 2011年に室蘭大谷高から加入した道産子。故郷を離れることに寂しさもあった。だが、妻の後押しも受け、サッカー選手としてより成長するため、名古屋で定位置取りを目指す。

 ◆櫛引 一紀(くしびき・かずき)1993年2月12日、登別市生まれ。23歳。室蘭大谷高から2011年に札幌に加入し、同年5月21日の鳥栖戦で初出場を果たす。J1通算11試合無得点、J2通算108試合1得点。ポジションはセンターバック。180センチ、72キロ。右利き。背番号5。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ