【甲府】京都・堀米獲り!「甲府の至宝」2年ぶり呼び戻す

2016年12月12日5時0分  スポーツ報知
  • 甲府時代の京都MF堀米

 J1ヴァンフォーレ甲府が京都MF堀米勇輝(23)の獲得に乗り出していることが11日、分かった。関係者によると、完全移籍を求めるオファーを出したという。堀米は甲府の下部組織出身で15年シーズンまで所属していた。移籍が決まれば2年ぶりの復帰となる。

 甲府が「甲府の至宝」と呼ばれた左利きのテクニシャンを戻そうと動いた。関係者によると、来季指揮を執る吉田達磨新監督(42)が高く評価しており、正確な左足キックを持ち、ドリブルで仕掛ける事ができるなど、攻撃のバリエーションを増やせる堀米に白羽の矢を立てたという。

 堀米は2010年4月、トップチームに2種登録され、同年8月に17歳でプロ契約した。J2熊本、J2愛媛に期限付き移籍しながら15年まで在籍。今季はJ2京都に完全移籍し、37試合7得点で5位躍進の原動力になった。また、09年のU―17W杯に主力として出場した経歴も持つ。

 甲府は来季、ブラジル人FWドゥドゥ(26)が残留し、仙台を今季限りで退団したブラジル人FWウイルソン(31)の獲得も濃厚になっている。クラブは前線の連係強化と攻撃力向上を期待し、堀米獲得に動いた。今後、本格的に交渉に入る。

 ◆堀米 勇輝(ほりごめ・ゆうき)1992年12月13日、甲府市生まれ。23歳。大里サッカースポーツ少年団、甲府の下部組織でサッカーを学ぶ。2010年8月、甲府U―18からトップチームに昇格した。13年にJ2熊本、14年にJ2愛媛へ期限付き移籍し、15年は甲府復帰。16年にJ2京都に完全移籍し、37試合7得点を記録した。J1通算15試合、J2通算125試合20得点。09年のU―17W杯に出場するなどプラチナ世代を代表する選手。168センチ、62キロ。血液型O。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)