【札幌】神戸の田中雄大獲り!正確な左足でJ通算128試合出場

2016年12月29日5時0分  スポーツ報知

 来季5年ぶりにJ1で戦う北海道コンサドーレ札幌が、J1神戸のDF田中雄大(28)の獲得に乗り出していることが28日、分かった。複数の関係者が明らかにしたもので、既に完全移籍でのオファーを出している。目標のJ1残留へ向けた必要戦力として、交渉を進めている。

 田中は今季、J2水戸から神戸へ完全移籍で加入。左サイドバックで開幕スタメンを張るなど、リーグ戦9試合に出場した。札幌は主に左サイドハーフで33試合に出場した堀米がJ1新潟へ完全移籍したことから、同位置の選手をリストアップ。DFながら利き足の左から繰り出す正確なキックと個人技を生かした攻撃力もあり、Jリーグ通算128試合出場と実績もある田中に白羽の矢を立てた。

 堀米が抜けたこともあり、サイドの戦力強化は、今オフの補強ポイントの1つだった。クラブ幹部は田中に対し「定位置を取れる能力がある」と大きな期待をかけており、獲得へ向け、全力を尽くしていく。

 ◆田中 雄大(たなか・ゆうだい)1988年8月8日、滋賀・野洲市生まれ。28歳。野洲高2年時に全国高校選手権で優勝。関西大から2011年、J1川崎に加入。12年8月からJ2栃木、13年はJ2鳥取に期限付き移籍。14年に水戸に完全移籍し、今季はJ1神戸でプレーした。J1通算18試合出場無得点、J2通算110試合6得点。169センチ、68キロ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ