【札幌】横浜M兵藤獲りへ!技術と豊富運動量、今季終了後正式オファー

2016年12月30日7時0分  スポーツ報知
  • 札幌が獲得を目指す横浜M・兵藤(右)は29日の天皇杯準決勝・鹿島戦に途中出場した(左は横浜M・中村)

 北海道コンサドーレ札幌が、J1横浜MのMF兵藤慎剛(31)に完全移籍での獲得オファーを出していることが29日、分かった。交渉は順調に進んでおり、正式決定に向け、詰めの作業に入っている。

 2008年から横浜M一筋の兵藤は、高い技術に加え豊富な運動量も武器とする、攻撃的MF。札幌は来季、5年ぶりJ1を勝ち抜くためにはトップ下で定位置争いができる日本人が不可欠と判断。J1通算268試合に出場と実績があるうえ、サイドやボランチなどMFならどこでもこなせる兵藤に、今季終了後、正式オファーを出して、話し合いを進めてきた。

 横浜Mはこの日、天皇杯準決勝で鹿島に0―2で敗れ、今季の公式戦が全て終了。複数の関係者によれば、それを受け、兵藤の意思も札幌入りへ傾いているもよう。J1舞台を知り尽くす兵藤の獲得が決まれば、チームにとって大きなプラスとなる。

 ◆兵藤 慎剛(ひょうどう・しんごう)1985年7月29日、長崎県生まれ。国見高では2年時に全国3冠を達成。早大に進学後、2008年、J1横浜Mに加入。リーグ戦通算268試合出場、32得点。172センチ、68キロ。右利き。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ