【清水】左伴社長、大前を「全力で慰留中です」

2017年1月6日8時0分  スポーツ報知
  • 朝礼で訓示する左伴社長(中央)

 清水エスパルスは5日、静岡市清水区のクラブ事務所で仕事始めした。左伴繁雄社長(61)は、新年最初の朝礼で職員を前に「重責を担っている。高い目標を持って仕事をしよう」と訓示した。

 1年でのJ1復帰を果たし、今季再び停滞することは許されない。同社長は「J2で作り上げた攻守の切り替えを進化させ、全体のレベルアップを図っていかないと」と抱負を語った。大宮が獲得に動いているエースFW大前元紀(27)の動向に関しては「全力で慰留中です」と説明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ