【札幌】大宮MF横山を獲得へ…交渉順調で近日中に正式発表

2017年1月8日5時0分  スポーツ報知
  • 札幌が獲得に動いている大宮・横山

 J1札幌がJ1大宮MF横山知伸(31)の獲得に乗り出していることが7日、分かった。複数の関係者が明らかにしたもので、昨年末に完全移籍でのオファーを提示。横山も移籍に前向きな姿勢をみせており、交渉は順調に進んでいる。近日中に正式発表される。

 昨季大宮で19試合に出場した横山は、近年は主にボランチを務めながら、184センチの長身を生かし、センターバックとしても実績を残している。足元の高い技術から攻撃の組み立ても出来る上に、J1で136試合に出場と経験も豊富。加入1年目から定位置争いできる力を十分に持っている。

 札幌は昨季33試合出場のDF増川が左膝前十字じん帯の部分断裂で開幕絶望となるなどしたため、センターバックを補強ポイントの1つに挙げていた。オファーを出していたJ2千葉DF近藤の獲得には至らなかったが、並行して調査していた横山獲得に着手。必要戦力として熱意を伝えてきた。

 既にJ1仙台から元日本代表FW金園英学(28)とU―23韓国代表MFキム・ミンテ(23)、J1鳥栖からはMF早坂良太(31)を獲得し、7日にJ1神戸DF田中雄大(28)の加入も正式に発表された。

 また、完全移籍でオファーを出しているJ1横浜MのMF兵藤慎剛(31)とは交渉中で、即戦力を積極的に取りにいっている。横山獲得も決まれば、当初予定していた6人の補強が完了する。5年ぶりのJ1で、クラブ史上2度目の残留という目標達成へ、体制は事実上、固まった。

 ◆横山 知伸(よこやま・とものぶ)1985年3月18日、東京都生まれ。31歳。帝京高から早大を経て、2008年に川崎入り。12年にC大阪に移籍し、14年から大宮に所属。J1通算136試合出場5得点、J2通算41試合出場3得点。184センチ、75キロ。右利き。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)