【甲府】千葉・阿部翔平を獲得…15年まで在籍しJ1残留に貢献 

2017年3月12日4時0分  スポーツ報知
  • 阿部翔平

 J1ヴァンフォーレ甲府が、2015年まで甲府に在籍したJ2千葉のDF阿部翔平(33)を期限付き移籍で獲得することが11日、関係者の話で分かった。近日中にも正式発表される見通し。

 左利きの阿部は、14年に名古屋から甲府に加入。在籍した2シーズンは、主に3―4―3の左サイドMFを務め、リーグ戦全68試合中67試合に先発出場。主力としてチームのJ1残留に貢献した。昨季は移籍した千葉で33試合に出場したが、今季はこの日のJ2名古屋戦(フクアリ)を含め、開幕から3試合連続でベンチ外となっている。J1では通算293試合と経験も豊富。早ければ、18日の大宮戦(中銀スタ)から出場が可能となる。

 甲府は今季の補強ポイントの一つに、左利きのサイドプレーヤーを挙げてきた。現在、左サイドを担っているMF橋爪勇樹(26)は右利きで、セットプレーのキッカーも務めるなど、安定したパフォーマンスを見せている。阿部の加入で、より競争が激しくなり、チーム力向上につながる。

 チームは2月26日の開幕からG大阪戦(1△1)、鹿島戦(0●1)、10日の浦和戦(1●4)とACLにも出場している強豪との3連戦で1分け2敗と苦しんでいる。粘り強い戦いをしたものの、勝ち点1に終わっている。ただ、守備をベースとしながらボールを支配する時間も長くしようと、“進化”を目指している段階だ。足元の技術に定評がある阿部の存在は心強い。

 阿部の加入以外にも、さらなる補強として、アジア枠でオーストラリア人などを中心にリストアップしている。新生ヴァンフォーレの巻き返しに期待がかかる。

 ◆阿部 翔平(あべ・しょうへい)1983年12月1日、千葉県生まれ。33歳。千葉・市船橋高から筑波大を経て、2006年に名古屋入団。14年に甲府に加入し、16年に千葉へ移籍。J1通算293試合2得点。J2通算33試合1得点。170センチ、72キロ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ