【甲府】MFボザニッチ、歓迎「うれしい」来月2日札幌戦に照準

2017年3月18日8時0分  スポーツ報知
  • ウイルソン(右)と話をするボザニッチ

 甲府の新外国人MFボザニッチが17日、チーム練習に合流した。16日にはメディカルチェックも済ませ、この日、さっそくフルメニューをこなした。甲府の選手たちともコミュニケーションを取り、「日本でサッカーがやりたかった。温かく歓迎してもらえて、うれしい」と笑った。

 日本でプレーするのは初めてとなるが、「アジアの中でもJリーグのレベルは高い。大きなチャンス。成功できるように頑張りたい」と意気込んだ。コンディションも「問題ない」状態で、順調に登録が完了すれば、4月2日のホーム・札幌戦(中銀スタ)からの出場も期待されるレフティー。自身について、「ハードワークもチャンスメイクもできる選手」と説明した。

 オーストラリア代表として14年のブラジルW杯にも出場した背番号21は「スタメンで多くの試合に出られるように全力を尽くす。オリバーかオリって呼んでほしいね」とリクエストした。

 ◆ボザニッチ(Oliver John Bozanic)1989年1月8日、オーストラリア生まれ。28歳。イングランドやスイスのクラブなどを経て、2015年9月からメルボルンV(オーストラリア)に所属。年代別のオーストラリア代表も経験。13年からは同フル代表にも選出され、14年ブラジルW杯にも出場した。179センチ、75キロ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ