【J1】第4節走行距離トップは鳥栖の高橋、2位は清水の白崎…甲府から2人が10傑入り

2017年3月19日19時55分  スポーツ報知

 明治安田生命J1リーグは18、19日に第4節が行われた。今節は前節で走行距離2位だった鳥栖のMF高橋義希が13・658キロメートル(KM)で個人ではトップ。2位には清水のMF白崎、3位には鳥栖のMF鎌田が入った。また、今季初勝利を挙げた甲府のMF田中が4位、MF兵働が7位で、ボランチの2人がトップ10入りした。

 チームでは1位は清水の122・587KM、2位は鳥栖の122・156KM、3位はC大阪の121・021KMだった。選手の走行距離10傑は次の通り

 (1)13・658KM MF高橋義希(鳥栖)対C大阪
 (2)12・886KM MF白崎凌兵(清水)対鹿島
 (3)12・811KM MF鎌田大地(鳥栖)対C大阪
 (4)12・683KM MF田中佑昌(甲府)対大宮
 (5)12・642KM MF加藤大(新潟)対横浜M
 (6)12・483KM FW杉本健勇(C大阪)対鳥栖
 (7)12・473KM MF兵働昭弘(甲府)対大宮
 (8)12・404KM MF山口蛍(C大阪)対鳥栖
 (9)12・294KM MF中村俊輔(磐田)対神戸
 (10)12・141KM MF川辺駿(磐田)対神戸

※カッコ内は所属

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)