【讃岐】開幕4戦勝ちなし…シュート14本の猛攻も無得点

2017年3月19日20時38分  スポーツ報知
  • 後半、讃岐・渡辺(左)のシュートを好セーブした山形・児玉(中)

 ◆明治安田生命J2リーグ第4節 山形0―0讃岐(19日・NDソフトスタジアム)

 カマタマーレ讃岐は、アウェーで山形と0―0で引き分け、開幕から4戦連続勝ちなしとなった。

 3―4―2―1システムの山形対策として、今季初めて4バックから3バックに変更して臨んだ作戦が奏功。相手の5本の約3倍となる14本のシュートを浴びせたが、最後までゴールを割ることはできなかった。

 北野誠監督(49)は「チャンスは多かったが、決められなかった。フィニッシュのところで精度が足りない。勝ち点1は取ったが、3を狙っていたので正直残念」と笑顔はなかった。

 次戦は26日のアウェー・山口戦。今季未勝利同士の対決となる。指揮官は「1勝もしていないので、次こそ勝って勝ち点3を取れるようにしたい」と決意を新たにしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ