【山形】本田主将、ホーム開幕で今季初無失点も「勝ちたかったので悔しい」

2017年3月19日21時40分  スポーツ報知
  • 攻守に精力的なプレーを見せた山形・本田主将

 ◆明治安田生命Jリーグ J2第4節 山形0―0讃岐(19日・NDソフトスタジアム山形)

 モンテディオ山形主将の元日本代表MF本田拓也(31)が、2試合ぶりに復帰。前節12日のアウェー・熊本戦(1△1)はコンディション不良で欠場したが、この日は90分間フル出場し、攻守に精力的なプレーを見せた。

 今季初の無失点も、引き分けでホーム開幕戦を勝利で飾れず「勝ちたかったので悔しい。サポーターの皆さんのためにも勝ちたかった」と笑顔はなかった。9828人が詰めかけたスタンドの山形サポーターには「ピンチになっても(失点を)防げたのはサポーターのおかげだと思う」と、後押しに感謝した。

 次戦26日のホーム・福岡戦に向けては「もっと相手コートの高い位置で、セカンドボールを拾って2次、3次攻撃を仕掛けていきたい」と、チームとして得点を目指していくことに意欲を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)