【山形】阪野2戦ぶりゴールならず「ホームなのでもっと攻めて勝ちたかった」

2017年3月19日21時49分  スポーツ報知
  • 讃岐・エブソン(左)と競り合う山形・阪野

 ◆明治安田生命Jリーグ J2第4節 山形0―0讃岐(19日・NDソフトスタジアム山形)

 モンテディオ山形FW阪野豊史(26)は、1トップで力強いプレーを見せたが、4日のアウェー・千葉戦(1△1)以来2戦ぶりの今季2点目はならなかった。

 讃岐の190センチDFエブソン(26)と激しく競り合い、前半にシュートも1本放った。それでもホーム開幕戦勝利には結び付かず「ホームなのでもっと攻めて勝ちたかった。自分もゴール前に入っていける回数が少なかった」と反省していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ