【山形】MF鈴木「もの足りない」左右サイドで貢献もホーム開幕勝利ならず

2017年3月19日21時57分  スポーツ報知
  • 積極的に攻め上がった山形・鈴木(右)

 ◆明治安田生命Jリーグ J2第4節 山形0―0讃岐(19日・NDソフトスタジアム山形)

 モンテディオ山形MF鈴木雄斗(23)が、右サイドで先発し、途中から左サイドに移って積極的にプレーした。

 何度もゴール前に顔を出し、後半にシュートを1本放ったが、開幕戦の2月26日のアウェー・京都戦(2〇1)以来3試合ぶりとなる今季2点目はならず。チームも今季初の無失点でしのいだものの、引き分けでホーム開幕を勝利で飾れなかった。

 今季から背番号10を背負う鈴木は「今日は(試合が)始まる前から、ガンガンいってチャンスを作ると決めていたのに、もの足りない」と反省。「あとは精度ですね」と、次戦26日のホーム・福岡戦へ、プレーの精度を高めていく。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)