【清水】選手足りない!10人故障中で相手に5人借りて練習試合

2017年3月27日5時55分  スポーツ報知
  • 右膝を痛めたフレイレ

 ◆練習試合 清水2―1専大=35分×2=(26日・三保)

 J1清水エスパルスが“野戦病院”状態に陥った。26日、三保で専大と控え主体で練習試合を行ったが、負傷者が多すぎて11人がそろわず、相手から前後半で計選手5人を借りる異例の事態となった。さらにこの試合でMFフレイレ(27)が右膝を痛めるアクシデントも重なった。

 清水は現在、MF河井ら約10人が故障中。フレイレは「大丈夫」と話したが、小林伸二監督(56)は「打撲のようだ。明日になっても痛がっているようなら厳しい」と説明した。4月1日の磐田戦はDF角田も出場を自粛。さらに同戦でのデビューが見込まれていた練習生のFWチアゴ・アウベス(24)も発熱のため練習を回避した。現状ではベンチ入りメンバー18人がそろうかギリギリの状況。これ以上の離脱は避けたい。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)