【横浜M】助っ人バブンスキー、マルティノス、デゲネクが代表選出確実で3人まとめて離脱も

2017年4月20日6時0分  スポーツ報知
  • 横浜M・バブンスキー

 横浜Mで今季リーグ戦全試合出場中のMFダビド・バブンスキー(23)、MFマルティノス(26)、DFミロシュ・デゲネク(22)の3選手が、6月から7月にかけてリーグ戦最大3試合を同時に欠場する可能性があることが19日、分かった。

 U―21マケドニア代表主将で背番号10のバブンスキーは欧州選手権(6月16~30日)、キュラソー代表のマルティノスはカリビアン杯(6月22~25日)とゴールド杯(7月7~26日)が控えている。これらの大会はクラブに招集の拒否権があるが、横浜市内で取材に応じたアイザック・ドル・スポーティングダイレクター(54)は「チームの状況次第だが、本人たちの意向を尊重したい思いはある。クラブのアピールにもなる」と話した。

 オーストラリア代表でレギュラーのデゲネクは拒否権のないコンフェデ杯(6月19~7月2日)出場が濃厚。主力3人が同時にチームを離れる可能性があるが、アイザック氏は「他の選手にとってはチャンス。奮起に期待したい」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)