【G大阪】横断幕や旗などの掲出を無期限禁止に…ナチス連想させる応援旗掲出問題で

2017年4月21日18時58分  スポーツ報知
  • 入場ゲートで横断幕・旗・ゲートフラッグの使用禁止が告知された
  • 横断幕・旗・ゲートフラッグの使用禁止となり手拍子で応援するG大阪サポーター

 ◆明治安田生命J1リ―グ 第8節 G大阪―大宮(21日・市立吹田スタジアム

 G大阪は21日、同クラブのサポーターが16日のC大阪戦(ヤンマー)でナチス・ドイツ親衛隊「SS」のマークを連想させる応援旗を掲げていた問題で、この日の大宮戦(吹田S)からホームとアウェーの全試合で横断幕や旗などの掲出を無期限禁止すると発表した。問題を起こした60~70人で構成されるサポーターグループからは応援自粛の申し出もあり、ホームとアウェーの全試合で無期限入場禁止を決めた。

 G大阪の山内隆司社長(60)は大阪・吹田スタジアム内で取材に応じ「クラブの管理も甘かった。(サポーターグループは)政治的な思想はなく『強いイメージを出すデザインの一環』という説明だった。多方面の人に不快な思いをさせた結果責任がサポーターにも我々にもある」と謝罪した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ