【横浜M】学の出場は当日判断…柏戦へ最終調整

2017年4月21日19時49分  スポーツ報知
  • 選手に指示を出す横浜Mのモンバエルツ監督

 横浜Mは21日、柏戦(22日、柏)に向け横浜市内で最終調整を行った。

 前節に負傷退場したDF松原健(23)は欠場へ。MFマルティノス(26)は累積警告で出場停止となる。今季6戦5アシストのMF斎藤学(27)はこの日、右膝の違和感を理由に大事を取って練習を20分で早退した。遠征には本来の18人ではなく19人が帯同し、当日まで見極めた上で斎藤の出場の可否の判断を下す見込み。エリク・モンバエルツ監督(62)は「当日の状況を見て、試合に出られる状態であれば先発で使う」と話した。斎藤が欠場となれば、U―20日本代表候補のMF遠藤渓太(19)の今季リーグ戦初先発が濃厚だ。

 指揮官は柏について「前の2人の走りでDFラインが押し上がる。プレッシャーをかわしてプレーする必要がある」と警戒したが、「プレッシャーをかけてくるチームとの対戦は慣れている。柏のプレーは予想がつく」と自信が伺える発言も。今季初のトップ下での先発が有力なMF天野純(25)は「本来の、自分が大好きなポジション。楽しみです」と意気込んだ。

 予想スタメンは以下の通り

 ◇GK

 飯倉大樹

 ◇DF

 新井一耀

 中沢佑二

 ミロシュ・デゲネク

 金井貢史

 ◇MF

 喜田拓也

 扇原貴宏

 天野純

 前田直輝

 斎藤学(遠藤渓太)

 ◇FW

 ウーゴ・ヴィエイラ

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ