【磐田】アダイウトン、公式戦連敗阻止へ8戦ぶり先発濃厚

2017年5月19日6時0分  スポーツ報知
  • リーグ8戦ぶりスタメン出場が有力となったMFアダイウトン(左から3人目)

 ジュビロ磐田は18日、柏戦(ヤマハ、20日午後2時)に向けて、ヤマハスタジアムで紅白戦を消化した。MFアダイウトン(26)が、主力組でプレー。ツートップの一角で8戦ぶりスタメン出場が有力となった助っ人は「完璧に決まったわけではないけど、可能性があるので最善の準備をするだけ」と、闘志を燃やした。

 開幕から4戦連続先発も、清水との静岡ダービー以降はスタメンを外れた。「これまでは、強引で一人で行っていた。周りとの距離が広がりすぎて、コンビがうまくいかなかった」と自己分析。「今は、シンプルなプレーが増えている」。この日もFW川又堅碁(27)との距離感を保ちながらのプレーを心がけた。

 最近の調子は悪くない。10日のルヴァン杯・清水戦で、2得点1アシストで4点中3点に絡んで勝利に貢献。前節の川崎戦では敗れたものの、後半26分から出場してチーム最多の3本のシュートを放った。

 前節で公式戦7戦不敗がストップした磐田だが、今季リーグで連敗がない。黒星を喫した次戦は3戦全勝中だ。名波浩監督(44)も「負けた後の重要性は分かっている」と、うなずく。現在5連勝で3位と好調の柏を叩いて再び、上昇カーブを描く。(塩沢 武士)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ