【仙台】渡辺監督「ポジティブに捉えたい」日産スタでの横浜M戦過去8戦無敗

2017年5月19日0時25分  スポーツ報知
  • 選手たちに指示を出す仙台・渡辺監督(中央)

 J1ベガルタ仙台は18日、次戦20日のアウェー・横浜M戦(午後2時、日産ス)に向け、仙台市内で約1時間半の全体練習を行った。

 日産スタジアムでの横浜M戦は、横浜国際総合競技場時代の2003年から8試合負けなし(5勝3引き分け)。渡辺晋監督(43)は相性の良さについて「皆さんからも言われたりして、改めてそうだなと思う部分もある。ポジティブに捉えていきたい」と話した。

 5月攻勢を目指すが、チームは今月リーグ戦で連敗中。横浜M戦の後は24日のルヴァン杯アウェー・札幌戦、28日のホーム・新潟戦と続く。指揮官は「5月の残りの3ゲームは、ルヴァンも含めて非常に大きなゲーム。3ポイント(勝ち点3)をしっかり取りたい。(横浜M戦は)アウェーですから、手堅くゲームを進めることがポイントにつながる」と、好相性の一戦にも気を引き締めていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)