【仙台】MF三田「いいイメージはある」昨季開幕V弾のアウェー横浜戦へ闘志

2017年5月19日18時37分  スポーツ報知
  • 横浜M戦へ闘志を燃やした仙台・三田

 J1ベガルタ仙台MF三田啓貴(26)が19日、アウェー・横浜M戦(20日午後2時、日産ス)で、昨季開幕戦の再現となる勝利へ意欲を見せた。

 F東京から期限付き移籍した昨季、自身の“仙台デビュー”となった開幕戦のアウェー・横浜M戦で、前半19分に先制弾。これが決勝弾となって1―0の勝利を呼んだ。

 それ以来となる敵地での横浜M戦だけに、完全移籍となった今季も「いいイメージはある。何より勝ち点3が欲しい状況。何が何でも勝ち点を積み上げたい」と、好印象を連敗脱出につなげるつもりだ。

 2年連続の同カードでの得点にも期待がかかる。不動のボランチは「ストライカーじゃないんで…」と苦笑いしながらも「ボランチの位置からでも、狙える場面があれば狙っていきたい」と意欲を見せた。

 横浜Mの日本代表MF斎藤学(27)とは同学年。「昔からいいドリブル、スピードを持っている。主将で(背番号)10番。彼中心のチームだと思う。そこを抑えたい」と、攻守の要はJ屈指のドリブラーに仕事をさせないつもりだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ