【浦和】GK西川、最後のワンプレーで勝ち点1を死守するも引き分けを反省

2017年5月20日19時27分  スポーツ報知
  • 後半24分、清水・鄭大世(中央)からこの日2点目の同点ゴールを奪われた浦和GK西川(右)

 ◆明治安田生命J1リーグ 第12節 浦和 3―3 清水(20日・埼玉スタジアム)

 浦和は12日、ホームで清水に3―3で引き分けた。前半24分、FW興梠慎三(30)が左足のオーバーヘッドで先制し、後半12分に6年連続2桁得点となる今季10点目で加点。しかし、清水のFW鄭大世(チョン・テセ、33)に19分と24分に連続ゴールを決められ、さらに26分に清水MFチアゴ・アウベス(24)に逆転ゴールを許した。29分にはFW興梠がこの日3点目となる同点ゴールを決め3―3。後半ロスタイムの6分も過ぎ、最後のワンプレーとなった清水の左CKで、浦和GK西川周作(30)が、FW北川航也(20)の至近距離からの右足シュートを左足でブロックし、ゴールを死守した。首位から陥落した引き分けだったが、日本代表GKのスーパーセーブで勝ち点1を得た。

 西川は「(北川の)体の向きとしては(腰を)ひねって蹴るのは難しいと思った」と瞬時に左足を出したという。ただ「自分たち次第で勝ち試合に出来た」と引き分けを反省。後半19分の鄭大世のスーパーミドル弾については「なかなか来ないようなシュートが来た。自分の中で一つの経験になった」と振り返り、成長の糧にする。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ