【仙台】三田、今季も日産スタで活躍!同点ヘッド呼ぶCK「信頼して蹴っている」

2017年5月20日22時48分  スポーツ報知
  • ドリブルする仙台・三田(左、右は増嶋)

 ◆明治安田生命J1リーグ 第12節 横浜M1―1仙台(20日・日産スタジアム)

 ベガルタ仙台MF三田啓貴(26)が、昨季に続いて日産スタジアムで活躍した。0―1の後半32分、左CKを蹴ると、中央でDF大岩一貴(27)が頭で合わせて同点に追い付いた。

 不動のボランチと、左キッカーとしてチームを引っ張る三田は、同点弾のシーンについて「(ボックス内の)駆け引きがあって生まれたと思う。全員を信頼して(CKを)蹴っている」と、日頃のセットプレー練習などのたまものであることを強調した。

 F東京から期限付き移籍した昨季は、開幕戦が日産スタジアムの横浜M戦。前半19分に決めた先制弾が決勝点となり“仙台デビュー”を1―0の勝利で飾った。完全移籍となった今季も同点ゴールを演出。大岩とともに両軍最多3本のシュートを放つなど、背番号18が存在感を発揮した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ