【磐田】松浦“古巣”ホンダFCとの天皇杯に「出たら1点取れるように」

2017年6月20日8時0分  スポーツ報知
  • 松浦(左)はこの日、練習参加した山田(右)とプレー

 J1ジュビロ磐田のMF松浦拓弥(28)が、21日の天皇杯2回戦JFLホンダFC戦へ向け意気込んだ。18日の浦和戦で2点を挙げ、勢いに乗る松浦は、ホンダFCの下部組織出身。「JFL(第1S)で優勝しそうな相手と戦えるのはいいこと。磐田対浜松でもあるし、ヤマハ対ホンダでもある」と伝統の“天竜川決戦”を強く意識した。

 この日、ドイツ3部に降格するカールスルーエを退団したMF山田大記(28)が3年ぶりに磐田の練習に参加。ゲーム形式の練習では、マッチアップの場面もあり、「成長してますね」と刺激を受けた。浦和戦は22分間しかプレーしておらず、体力は残っている。「試合に出たら1点取れるようにしたい」。“古巣”相手にネットを揺らす。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)