【清水】金子“レギュラー奪回弾”に意欲

2017年6月20日7時0分  スポーツ報知
  • 北九州戦に向け、気合の入った表情でアップする金子(手前)

 J1清水エスパルスは21日に天皇杯2回戦でJ3北九州と対戦(アイスタ、午後7時)する。昨季同杯で4戦2発をマークしたFW金子翔太(22)が19日、“レギュラー奪回弾”に意欲を示した。

 再浮上のきっかけをつかむ一戦にする。「(定位置を)取り返したい気持ちを持ってるし、そのチャンス」。今季リーグでは開幕から先発を続けてきたが、FWチアゴと代わって5月5日のG大阪戦から先発落ち。たまったうっぷんを晴らすゴールを決めるつもりだ。

 相手は2カテゴリー下。守備を固めてくることが予想されるだけに、攻撃には工夫が求められる。「個に頼らず、コンビネーションで攻めたい」。相手は格下だが「自分たちのサッカーが出すことが一番」と油断するつもりはない。昨季も1回戦の関大戦で先制点を奪っており、2年連続の“天皇杯開幕弾”で勢いに乗る。(武藤 瑞基)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ