【横浜M】5月7日以来の黒星で5位転落…DF中沢「3失点ともミスから」

2017年9月9日23時9分  スポーツ報知
  • 試合後、がっくりの横浜Mイレブン

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第25節 川崎3―0横浜M

 14戦負けなしと好調だった横浜Mは0―3で川崎に完敗し、2位から5位に転落した。

 前半14分にクリアミスから失点。前半の失点は最後に敗れた5月7日の敵地・鳥栖戦以来、4か月ぶりだった。前半終了間際はリズムをつかみ試合を支配したもののゴールを奪えず、後半に再びミスから2点を献上した。

 エリク・モンバエルツ監督「試合の入り方が悪かった。今日は個人のところでのミスが多すぎた。これだけミスが多ければ結果につながらない」

 DF中沢佑二「3失点ともミスから。強いところとやるとミスが失点につながる。学(斎藤)は頑張って打開していたけど、抜いた後の距離が遠い。サポートがいなかった」

 DF山中亮輔「相手をリスペクトしすぎた。先制点を取られると厳しくなる。うちは耐えて耐えてというチーム。こういう展開を想定してビルドアップの練習はしてきたので言い訳はできない」

 MF扇原貴宏「こういう展開になってもはね返す力をチームとしてつけないと。先制されて焦ってしまった。ただ負けることはある。残りの9試合、しっかり切り替えたい」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ