元日本代表監督・加茂周氏が日本サッカー殿堂掲額式典に出席

2017年9月11日6時0分  スポーツ報知
  • 日本サッカー殿堂入りし、掲額式典に出席した加茂周氏(右)と今井恭司氏

 日本サッカー協会は創立96周年を迎えた10日、東京都内で日本サッカー殿堂入りした元日本代表監督の加茂周氏(77)と、1972年から日本代表戦などを撮影しているカメラマンの今井恭司氏(71)の掲額式典を行った。これで計75人と1チームが掲額された。

 加茂氏は思い出の試合に、監督として日産自動車で初優勝した83年度と、横浜フリューゲルスで優勝した93年度の天皇杯を挙げた。ロシアW杯出場を決めた日本代表のハリルホジッチ監督については「2度、3度クビになりそうな時期もあったが、最初から言ってた通りにチームを育て上げて、予選を勝ち抜いてくれた」と称賛した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)