安間新監督初陣のF東京が200本超えでトップ!…J1第26節スプリント

2017年9月17日20時30分  スポーツ報知
  • 古巣のF東京相手にシュートを放つ仙台・三田(右から2人目)

 明治安田生命J1リーグ戦第26節は16、17日に各地で行われた。Jリーグが公式サイトで発表しているスプリント(時速24キロメートル=KM、以上の走り)数のトップは安間貴義新監督の初陣となったF東京で、201だった。2位は大逆転勝ちを収めた鹿島で191、3位はG大阪と鳥栖で180だった。

 個人では横浜MのMFマルティノスとDF山中亮輔が32本でトップだった。個人のトップ10は次の通り。

 (1)32 MFマルティノス(横浜M)対柏

 (〃)32 DF山中亮輔(横浜M)対柏

 (3)30 MFレアンドロ(鹿島)対新潟

 (〃)30 MF永井謙佑(F東京)対仙台

 (5)29 MF太田宏介(F東京)対仙台

 (〃)29 FW北川航也(清水)対川崎

 (〃)29 FWドゥドゥ(甲府)対鳥栖

 (8)28 MF柳貴博(F東京)対仙台

 (〃)28 DFユン・ソギョン(柏)対横浜M

 (〃)28 FWマテウス(大宮)対G大阪

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)