【仙台】ルヴァン杯初決勝に王手!渡辺監督、第2戦へ「自陣に引きこもりますかね」

2017年10月4日23時2分  スポーツ報知

 ◆YBCルヴァン杯 ▽準決勝第1戦 仙台3―2川崎(4日・ユアテックスタジアム)

 ベガルタ仙台が、ホームで先勝し、クラブ史上初の決勝進出に王手をかけた。

 前半24分にFW石原直樹(33)が右足で先制ゴール。同33分にはFWクリスラン(25)が左足で追加点を挙げた。同ロスタイム46分には、再びクリスランが自ら得たPKを決めてこの日2点目。仙台が前半だけで3ゴールの猛攻で、試合を決めた。

 8日にアウェーで行われる第2戦(午後3時、等々力)に引き分け以上なら無条件で決勝に進むことができる。しかし、この日は後半に2失点。1点差負けなら1勝1敗で2戦合計の得失点差も0で差は付かないが、スコアが0―1、1―2の場合はアウェーゴール数の差で敗退となる。

 それでも渡辺晋監督(43)は「3―2で勝ったという事実をしっかり認識し、等々力で決勝進出を決めてみせたい」と宣言した。第2戦に向けては「自陣に引きこもりますかね」とニヤリ。0―0狙い(?)の作戦をほのめかし、煙に巻いていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)