【清水】14日磐田とのダービーへ“小林カーテン”練習試合非公開に

2017年10月6日7時0分  スポーツ報知
  • 紅白戦を見守る小林監督(左)

 J1清水エスパルスが“小林のカーテン”でダービーに備える。7日に三保で静岡産業大と練習試合を予定しているが、これを非公開とすることを5日、発表。14日にホームで対戦する磐田への情報流出を防ぐのが目的だ。

 当初は公開予定で、磐田からも視察の申し出があった。だがこの日、方針が急転。小林伸二監督(57)は「ケガ明けの選手がいるし、戦い方や布陣で試したり工夫したいことがある」と理由を説明。故障から復帰したMF河井、増田、DF犬飼らをテストしつつ、ライバルとの一戦へ秘策を練る模様だ。「選手に落ち着いた環境でやらせてあげたい」とも付け加えた。

 すでに磐田戦のチケットは完売。指揮官は「ファンの期待が分かっているからこそ、いい準備をしたい。練習試合を見ていただけないのは申し訳ないが、その代わりダービーで結果を出します」と宣言した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ