【仙台】渡辺監督、44歳誕生日を前に抱負「『シッシッ』と笑えるように」

2017年10月6日20時30分  スポーツ報知
  • 渡辺監督(中)は三田(左)から誕生日ケーキを食べさせてもらう(右は野津田)
  • 渡辺監督に贈られた44歳の誕生日ケーキ

 J1ベガルタ仙台は6日、ルヴァン杯準決勝第2戦のアウェー・川崎戦(8日午後3時、等々力)に向け、仙台市内で約1時間の全体練習を行った。

 渡辺晋監督(43)は練習後、10日の44歳の誕生日に先立ち、報道陣から似顔絵入りケーキを贈られた。MF三田啓貴(27)、野津田岳人(23)に食べさせてもらうなど、祝福を受け「(10月10日は)基本はシーズン中なので、現役の時から誕生日を忘れるくらいゲームに集中してきた。でも今日は本当にうれしい。等々力(第2戦)への追い風にしたい」と笑顔を見せた。

 報道陣から得意のダジャレを交えた抱負を求められると「シーズン後に『シッシッ(44)』と笑っていられるようにしたいですね」と応じた。引き分け以上なら無条件で初の決勝進出が決まる第2戦に向けては、3―2で先勝した4日の第1戦後の会見と同じく「自陣に引きこもります」とニヤリ。0―0狙い(?)の作戦をほのめかし、煙に巻いていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ