【甲府】“ミスター・ヴァンフォーレ”MF石原の引退発表「気持ちが切れたわけではない」

2017年10月12日14時41分  スポーツ報知
  • 練習後に吉田監督(右)と話す甲府の石原

 J1ヴァンフォーレ甲府は12日、MF石原克哉(39)が、今季限りで現役を引退することを発表した。

 韮崎高、順大を経て、2001年に当時J2だった甲府に入団。甲府一筋17年目を迎えた“ミスター・ヴァンフォーレ”は、引退を決断した理由について、膝の状態を挙げ、「100%でやれないことも考慮して」と説明した。それでも、「気持ちが切れたわけではない。心が戦えないとかでもない」と正直な心境も語った背番号7。15日のホーム・F東京戦(中銀スタ)後、17時から会見を行う。引退後に関しては未定となっている。

 今季の公式戦出場はルヴァン杯2試合のみだが、ここまでJ1通算142試合11得点、J2通算325試合19得点を記録している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ