【磐田】“持っている男”川又、静岡ダービーでバースデー弾だ

2017年10月14日7時0分  スポーツ報知
  • 練習で左足シュートを放つ川又

 いざ、ダービー開幕―。J1清水エスパルスとジュビロ磐田は14日、アイスタで激突(午後2時)する。13日、清水は三保で、磐田はヤマハで最終調整。清水・小林伸二監督(57)はMF金子翔太(22)とFW北川航也(21)をサプライズ起用する可能性を示唆。今季ダービー初勝利へ、勝負の一手にかける。磐田は当日28歳の誕生日を迎えるFW川又堅碁が、バースデー弾でダービー3連勝に導くことを誓った。

 サプライズに強面が思わずほころんだ。清水戦当日に28回目の誕生日を迎える川又に、報道陣から1日早い誕生日ケーキが贈られた。「うれしいですね。試合の日に誕生日を迎えるのは“持っている”男だと思う。ゴールを決めるのはもちろん、勝ちたい」。J2岡山時代の12年東京V戦(カンスタ)以来のバースデー弾でチームを白星に導くつもりだ。

 川又にとって静岡ダービーはリーグ戦2度目。エコパでの清水戦(3〇1)を「サックスブルーとオレンジの服を着たサポーター同士が、負けたくないという気持ちが伝わってきた」と振り返る。

 この日の前日練習は約1時間、リラックスゲームなどで調整。名波浩監督(44)は「(左アキレス腱に)痛みがある中、(川又が)どれだけやれるか」と、ダービーのキーマンに挙げる。指揮官は「全試合に先発することはプロアスリートとして価値のあること」。ケガを抱え、チーム唯一の全戦スタメンを張る男を讃えた。

 来年はロシアW杯。15年8月以来の日本代表復帰へ「FWとしてはまだ三流。でも、毎試合ゴールを決めていれば、確実に呼んでくれるはず」と話す。年齢を重ね、「後輩に対する責任感が出てきた。彼らがいい成長をできるように心がけている」と自覚も出てきた。最高の1年にするため、28歳初弾をダービーで決める。(山田 豊)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ