【山形】菅沼、プレーオフ進出諦めない「最後まで自分たちのできることを」

2017年10月14日7時0分  スポーツ報知
  • ミニゲームで鋭いタックルを見せた菅沼

 J2モンテディオ山形は14日、ホームで横浜C戦(14時、NDスタ)を迎える。今季6試合を残し、J1昇格プレーオフ(PO)圏内6位との勝ち点差は10で、昇格PO進出の可能性は辛うじて残っている。DF菅沼駿哉(27)は「最後まで自分たちのできることを横浜C戦で見せたい」と意欲十分。10試合ぶりの白星を誓った。

 難敵が立ちはだかる。2011年度Jリーグ最優秀選手で、横浜CのFWレアンドロ・ドミンゲス(34)だ。木山隆之監督(45)は「前を向いたら、ほぼ決定機を作り出す」と相手のチャンスメーカーに警戒を強める。

 MF佐藤優平(26)は「技術はあるが、彼にボールが入る前に中盤を封じる」と分析。中央で自由にさせないように、菅沼らと圧力をかけ、レアンドロ・ドミンゲスをサイドに追いやってチャンスの芽を摘み取るつもりだ。全員で団結し、昇格PO進出の望みをつなぐ。(海老田 悦秀)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ